びびってねえかんな

Perfumeのライブツアー@ナゴヤドーム公演のため名古屋遠征中のワタクシです。みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

昨日は2月15日。我らが女神、あ~ちゃんのお誕生日ということでチケットの売れ行きも凄まじかったそうです。なんでも発売後、すぐに完売したとか。ナゴヤドームという「個室」を貸し切り「ゆう・めい・じん」ウン万人でハッピーバースデーを歌ったり、最後の曲前挨拶でゆかちゃんからあ~ちゃんへの熱い愛の告白(!?)があったり、その流れでのっち大丈夫か!?というところで何とか乗り切ってくれたり(笑)非常にスペシャルなライブでした。

そんなライブでこんなワタクシめに素晴らしい席を用意してくださったPerfumeオフィシャルファンクラブP.T.A.様には感謝してもしきれません。まさかドームのアリーナ席前方、ドセンター=右隣が中央動線だなんてホントにもうなんかすいませんとか謝っちゃうレベルですけど… 間近で見た3人はますます磨きに磨かれてまさにイチ個体としての上限を解放されたかのように美しく輝いていました。

ところで、今回のライブにつきましては折からの新型コロナウイルスの影響で参戦を断念されたファンの方も多くいらっしゃったようです。前述しましたように、あっという間に完売するほど競争率の高い抽選を勝ち抜いてのプラチナチケットを紙クズにしてしまう。苦渋の決断だったろうことは想像に難くありません。

が、僕はそんなこと1ミリも考えませんでした。

もちろん僕も新型コロナウイルスのことには興味がありますし、いろいろニュースを見たりネットの書き込みを見たりしています。

政府の水際作戦が失敗に終わったことを批判するヒトは多いです。確かに例のクルーズ船の乗客など局所的に見れば「なぜ?」ということはあります。しかしそもそも、水際作戦というのはエボラのように「発症率および致死性が極めて高く、それゆえに感染源が特定しやすい」ような場合に有効なのであって、今回のように「感染力はメチャメチャ強いが感染しても発症しないかもしれないし致死性もそれほど高くない」場合は現実的に機能させることは不可能です。そして実際にもう、新型コロナウイルスは世界中のどこにでも存在しているとみるのが妥当でしょう。

そうなると我々に出来ることはせいぜいマスクをするとか、ちゃんとご飯を食べて睡眠をとって体力と免疫力を高い状態で保つとか、その程度です。でもそれって別に今の時期、インフルエンザだったり花粉症だったりの対策で毎年みんながやっていることです。当たり前のことを当たり前にやるだけで、特別なことをする必要はどこにもないわけです。

であればもう、普通で良くないですか?という考えです。そもそも既に体調が悪かったり、家族の中に老人や赤ん坊のような感染したら一発アウトのヒトがいる場合はさすがに気を付けなきゃマズイでしょうから、そのヒトたちの腕を無理やり引っ張ってこようとまでは思いません。ただ、健康な大人世代が「なんとなく怖いから」程度で何ヶ月も前から楽しみにしていたイベントを断念するのはあまりにもったいない!!ましてやPerfumeの公式Twitterに「東京ドーム公演は延期にしないんですか?」だなんてちょっと、頼みますよ…

というわけで、今日はナゴヤドーム2日目。

いってきます!!

びびってねえかんな」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。