Bグループの争い

FBCクリオカップ第5戦サルディーニャ・ロードトラック・B。

回線不調によりライオン選手が最後尾スタート(さらにスタートもおかしかった)。トリッキーなコーナーが多い難コースに苦戦して予選ラップをまとめられない選手が続出した中、cara選手とkuni選手が素晴らしい走りでフロントロー。ペンギン選手はアタックラップで痛恨のミスを犯すもその次の周でそこそこのタイムを出して2列目確保。

決勝は12周。

と、kuni選手がスタートに失敗。EVO選手が2番手に浮上します。ペンギン選手は無難に決めて前方の様子を見られる展開に…

しかしここで、今シリーズここまで不調の「知られざる富士レコードホルダー」クリスタル選手が背後からプレッシャーをかけてきます。最終手前でアンダー出した後の割り切りが凄まじいショートカットっぷり。

Hey! Black and white flag!?

しかしここは意外と抜けないサルディーニャ。順位変わらず拮抗状態のまま6周目終わりでピットイン。

ピットアウトしてみるとkuni選手の前に出て3番手に。kuni選手は一瞬給油したか? 5周目にピットインしていたG選手にも前に行かれてしまいました。いずれにしてもペンギン選手、これは千載一遇の表彰台チャンス到来!!

実質的にペース差は皆無なのでビタビタにつけらっぱなしです。いつの間にかG選手を抜き返したkuni選手も加わって3台での争いに。見たところペンギン選手とクリスタル選手は速いところが違うみたいでしたね。立ち上がりと直線で離すペンギン選手、ブレーキで詰めるクリスタル選手。

しかしやっぱり抜けないサルディーニャ。周回数だけが増えていきます。

ファイナルラップの1コーナー。クリスタル選手バンザイダイブか!? しかしここは冷静だったペンギン選手。きっちり抑えて勝負あり。

ライオン選手の不運のおかげとはいえ、ペンギン選手3位!! 今シリーズ初の表彰台です。正直今回はちょっと無理かなーと思っていただけに嬉しい&驚きです!

やったぞ麻衣ちゃん!

やったぞ全世界1億人の麻衣ヲタ!!

なお優勝はcara選手。EVO選手との異次元バトルを制して3勝目。

ペンギン選手もピットインまではなんとなく付いていけるんですが、その後はエグいレベルで差が付く展開が続いています。倉木麻衣号は燃料が軽くなってからの挙動に問題あり? ドライバーのウデが一番の問題かもですが(汗)

↑最近の曲の中では一番と言っていい良曲だぞ。

Bグループの争い」への2件のフィードバック

  1. 1コーナー残念!しかし・・ブレーキ強く踏みすぎなのかな? 笑

    知られざる富士レコードホルダー・・・・自分も知らない

  2. >富士レコードホルダーのクリスタルさん
    真横に並んでたので、抜くには押し出すしかなかったですね(笑)
    このコースのコーナーはやたらバンクが付いてるので余計に抜きづらいかと・・・

    にしても前の2台は速かったですねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。