慣れとは怖いモノ

円安スゴイですね。

対米ドルだけじゃなく対ユーロでも同じくらいだったりするのでシンプルに日本円の価値が下がりまくっているだけという説が僕の中で濃厚です。まあね… 世界で唯一と言って良いレベルでコロナ禍から立ち直れない国ですからね… それも仕方ないのかな… なんて、いよいよ諦めの境地に達しつつあり。悲しいことに、すごくなんか、世界で日本だけ取り残された感じがします…

年明けから続くロシアの暴挙も終わりが見えない状況で、部材費も輸送費も高騰しまくって、製造業としてはただでさえ少ない儲けがさらに少なくなるどころかマイナスへ… ってリアルに今冬のボーナスが心配になってくる今日この頃。あまりにも、あまりにも良いハナシがない実生活から現実逃避した先にあるのは相変わらずオオタニサンこと大谷翔平選手の大活躍でありまして。大谷がいて本当に良かった。大谷のおかげで毎日に色がある。

ありがとう大谷。フォーエバー大谷。

というわけでベーブ・ルース以来の二桁ホームラン&二桁勝利を挙げた今季、残すところの最大の注目は「人類史上初の規定打数&規定投球回到達なるか!?」となりました。まぁ 他にも「どんな名選手でも意外とやってない2年連続40ホームラン」とかありますけどね? 規定打数&規定投球回はさすがにヤバすぎる。既に「人外」である大谷が、さらに別次元に足を踏み入れる超絶大記録といっても過言ではないでしょう。

その超絶大記録まで、あと14イニングの投球回となっております。大谷が先発するのは残り3試合ということですので、怪我や病気さえなければ、普通に投げられれば、達成するのは間違いないだろうというところまで来ました。とはいえその3試合は今季、基本的には中6日で投げていたところを中5日に間隔を縮めての登板になりますので油断はできない… でもここまで来たらなんとしてでも達成してほしい。もちろん大谷のチカラをもってすれば来年以降もチャンスはあるとは思いますけど、こんなフル回転を続けてカラダが無事でいる保証もありませんので…

こうして当たり前のように「100年振り」とか「史上初」とかいう記録を打ち立てていく大谷を見れる時代に生きていて良かった。コロナも日本もクソだけど大谷だけは本当に良かった。でもさすがにこうも続けて空前の大記録を連発されると慣れてしまうのが人間というもの。最近はもう大谷がヤバイのは当たり前(語彙力)まである。

もうちょっとありがたみを持って大谷を見なければ、と思う三連休の朝でした。

慣れとは怖いモノ」への2件のフィードバック

  1. 円の価値が落ちてきているのはそれ自体は確実ですが、今の円安は金利差によるものが大きいですからね。
    じゃあ日本も金利上げればとなりますが、そんなことするといよいよ国民の生活に大ダメージが回り回ってくるので、今の日銀の方針は正しいと思います。
    お金が流通して回転しなけりゃ更に不景気になりますじゃ。

    じゃあ何でアメリカが金利上げてるかというと別にドルの価値が上がったでもなく、コロナ対策で過去類をみないほどにぶっちぎりにドル紙幣を発行ので、それの弊害(インフレとかドル流通しすぎによるドル価値の下落)がもうそろそろやばい状況になってるので、金利上げて市場からドル紙幣回収せんとヤバいよーが実態なのだと思います。
    まぁ日本も円を発行しまくったので似たようなもんかもしれませんが、他国に合わせて雰囲気で金利を上げるのは現状得策ではないと思います。

    陰謀論じゃないですけど、まぁ周りに振り回されるなというのが個々人においても1番良いのでしょうなぁ。

  2. >とっちさん
    こんなことを言っていたら今日になってアメリカの株価がだいぶ下がって「あれ?ヤバくね?」となってしまいまして(笑)

    確かに、景気が良いわけではないんですね。
    ついついニュースとかで外国の映像を観るとみんなマスクを外してニコニコしてるので、日本とは違うんだなあ、いいなあ、と思ってしまってました(低レベルな思考)

    しかしまあホント、みんなでお金を使わないと景気は良くならん、給料も増えん、といいつつも節約こそ美徳という価値観が呪いのようにDNAの隅々まで染み渡りまくった日本という国はこれからどうなっちゃうのかなあと… その節約(貯金)のおかげで長い長~い不景気でもなんとかやっていけるってのはあるのでしょうけど。

    おっと、今日は大谷の登板試合ですわ。
    規定投球回行ってほしいすなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。