爆ぜってどうぞ

FBC GTcat 2022 GTSPORT FINAL Rd.4! 鈴鹿のロングレースでございます。GT7発売日の都合上どうしてもそれまでに6戦やりたい、となるとどこかで土曜日にやらないとね! いいね! せっかく土曜日にやるならそこをロングレースにしちゃおうか!(通常は25分程度、ロングは40分程度)いいねいいね! ってことで割とウキウキで企画されたモノだと僕自身は記憶しておりますが、蓋を開けてみれば参加台数は今シリーズ最少の5台…

ぶっちゃけ、こうなる予感はしてました。特に根拠はないですけど。よくわかりませんけど普通のヒトは土曜日って忙しいんですよね? よくわかりませんけど!

というわけで予選。ペンギン選手は練習走行でのベストタイムよりコンマ2秒チョイ遅いラップながらも、他のクルマもそれなりにミスがあったのかポールポジション。おそらくこれがGTSPORTで行うFBCにおける最後のポールになるでしょう。そう考えるともう少し「決まった」ラップにしたかった思いもありますがまぁ ポールはポール。フロントローの隣にはEVO選手が並びました。今シリーズを支配しているメルセデスの「フナルトン」ことspoon選手は3番手。

ちなみに画像↑の右上に某c選手の「ごめん」というメッセージ(from PSアプリ)が出てますがこれは参加できなくて~ではなく、この前段階の予選中にどうでもいいメッセージを連発してメッチャ邪魔だったというEVO選手からのクレームに対しての、です。確かに邪魔でした!

決勝は19周。ペンギン選手は6-6-7の2ストップ作戦です!

無難なスタートを決めてホールショットを奪うペンギン選手。今回もロケットスタートのspoon選手が2番手に上がりました。

リラックマ号としては得意のセクター1でリードを築きたいところ… ですがピンクメルセデスはぴったり付いてきて離れません。

4周目には上位2台が抜け出しました。

事前のウワサで1ストップ作戦が囁かれていたEVO選手はタイヤ温存か?

シケインの立ち上がりでGT上級者のラインを通るspoon選手。初心者ラインのペンギン選手とはここだけでコンマ1~2秒程度の差が付くとか…

6周目、この周の終わりで1回目のピットです。が、ここへきてビタビタに煽ってくるspoon選手。アカンこれ完全にレースペースはピンクメルセデスの方が上ですわ…

……まぁ 木曜日の夜に合同テストをしたときからわかってたことですけどね(ちーん)

危うくヘアピンで抜かれるところでしたが、ここは耐えました。

ピットイーン!

この時点の燃料残量はほぼ半分。つまり次のスティントも同じ周回数であれば無給油でOK! 予定通りでございます。ちなみに「軽い状態で長く走った方が有利」というセオリーは以前、クリスタル選手に教えていただいたことです。全くその通りでございます! ありがとうございます!

ピットアウト!

…と、ここでspoon選手は給油しています。残量はむしろペンギン選手より多かったのに? これは次のピットタイミングで確実に前に出る作戦でしょうか?(ここで入れておけば次のピット時の給油量が少なくて済むので、ペンギン選手がたっぷり給油している間に前に出られる)

はい。無給油 vs チョイ給油で、約2.5秒の差が付きました。

EVO選手は10周目まで引っ張ってピットイン。やはり1ストップ作戦です。

この第2スティントは各々、自分の走りに集中するだけだったので特に何も起こらず。

こうしてレースペースを比較すると… やはりちょっと、1周あたりコンマ3~5秒くらいピンクメルセデスの方が速いですね。特にタイヤ交換して3~4周目以降が顕著。もともとはコルベットの方がタイヤに優しいと言われていたのですが、どうなっているのか……

というわけで2回目のピットイン。

が、ここでspoon選手はまさかのステイアウト!!

うそーん。

タイヤ交換&給油! 給油量はあまりギリギリを攻めませんでした。6周で約50%が、けっこうカツカツでしたのでね?

なおピットインしたときに出る給油量と周回数のプロジェクション? 以前はもっと精度が低かった気がするのはワタクシだけでしょうか? 例えば残り5周走るってときに「4周分」で給油しても割と余裕でイケちゃうような? それが最近はかなり高精度で、調子に乗って少なくすると絶対足りませんからね。たぶんどっかのアップデートで変わったんだと思うんですよねーたぶん。たぶん。

余談でした。

さぁ 新品タイヤ! 飛ばすぜー!!

spoon選手はペンギン選手の次の周、13周目終わりで2回目のピットイン!

…からの、ピットアウト!

ペンギン選手、ホームストレートなう!!

アイヤー前ニ出チャッタネー。

これは予想外の展開(笑)

しかし問題は… 1ストップ作戦のEVO選手が前にいること。どうやらもう、タイヤ的に2ストップ勢に対抗できる戦闘力は残っていない模様ですが、これを上手く処理できるかどうかがこのレースの勝者を決めるといっても過言ではないでしょう!

さーって、どこでもイケるっちゃイケますが、どこでイキますかねー!?

しかし手負いの獅子ならぬ手負いのHENTAI(笑)は決死のディフェンスで粘ってきます。

そうこうしているうちにspoon選手がペンギン選手のピッタリ後ろまで来てしまいました! ああこれ面倒くさいことになったー! 完全に面倒くさいことになったー!!

17周目のヘアピンでペンギン選手が仕掛ける!

が、レクサスが謎の超加速!!

なんで!? ここで!?

スプーンの進入では再びHENTAIレクサスが前! インを窺うリラックマ号を牽制してきます! それによりピンクメルセデスの前にブレーキングを詰められるスペースが生まれ…

spoon選手の伝家の宝刀、鬼レイトブレーキングが炸裂!!

アウトからペンギン選手を交わしていく!

あーーーー完全に立ち回りをミスりましたペンギン選手。永遠の初心者。3台繋がったときの真ん中は一番難しいとは言いますが… ツキもないですねー相変わらず……

が、諦めるのはまだ早い!

130Rで前の2台が横並びに!

迷わずインに進路を取るペンギン選手!!

「あ、これは…」

ここで一瞬、邪な考えが脳裏をよぎりましたが…

自重しました。

そりゃまぁ もちろん、GT7でも仲良く走りたいですからね(笑)

シケイン!

前の2台はまだやり合ってますが、ここでピンクメルセデスがグイッと出て…

spoon選手が先頭に!

しかしまだ行くEVO選手!

もうやめて! HENTAIレクサスのタイヤはゼロよ!!

spoon選手が先頭キープ!

続いてペンギン選手も…

なんとなく抜いて、2番手浮上。

しかしもともとのレースペースが速いうえ、タイヤも1周分新しいspoon選手に付いて行ける余力はもうなく、ここで万事休す。

優勝はspoon選手! おめでとうございます!

これで4戦3勝、2位1回。2戦を残して事実上、シリーズチャンピオンを手にしたような感じになっております。まぁ 今回のレースに限って言えばペンギン選手と同じセオリー通りのピット戦略だったらもっと簡単に勝てたんじゃないかなーと思いますが… まぁ そこはレースを盛り上げてくれたということで、ありがとうございました(笑)

ペンギン選手は2位フィニッシュ!

ここ2戦、酷い内容のレースが続いていたのでフツーに良かったです。ペースの落ちたEVO選手を交わすところでモタついたのはありましたけど、全体的に見て全力を出し切れた感のある、ゴールしたあと清々しい気持ちになるレースでした。ヨカタヨカタ。

そして今回、ロングレースなのに5台しかいないかったので、みんな紹介!

HENTAIリバリーらしい変態な作戦で3位のEVO選手! 悟りを開いたかのようなタイヤマネジメント走りはさすがとしか言いようがありません! 欲を言えば、ペンギン選手をもう少し楽に前に行かせていただければ… あとspoon選手をちょっとブロックしてくれれば……(笑)

今シリーズから参戦のhiro選手が4位! 鈴鹿でのマスタングという、クルマ的に不利な中で、週アタマの練習時からすると素晴らしい進歩だったと思います! この調子でヨロシクです!

いつも運営お疲れ様ですクリスタル選手! レースの方も… もうちょっとガンガン来てくれて構いませんことよ?(笑)またレース後、美味しいお酒を飲みましょー。

次回はもう明日!? ニュルGPデース!

ペンギン選手的にはなんかもう、今回のレースがGTSPORTの集大成になった感がなきにしもあらずなんですけどね? でも、消化レースだとしても楽しめたらイイですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。