のんべー

[1] 南部美人 純米大吟醸
[2] 美山錦 別誂(べつあつらえ)中取り
[3] 雪の茅舎(ぼうしゃ) 山廃純米
[4] 澤乃井 蒼天原酒、瑞祥(ずいしょう) 黒松剣菱(けんびし)古酒
[5] 八海山 特別本醸造
[6] ギネス オリジナル エクストラスタウト、南部美人 純米吟醸、Junmai Ginjo Yechigo-Murakami 大洋盛
[7] 力士 大吟醸、グレンリベット12年、バランタイン12年
[8] 越後鶴亀 純米大吟醸
[9] 北雪 NOBU TK40 純米大吟醸
[10] イル・ポレンツァ アンジェラ 2018
[11] イル・ポレンツァ 2013
[12] あさつゆ 2019
[13] カバラン ポーディアム
[14] ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ 2021
[15] 紫鈴(りんど) 2018
[16] 結(ゆい) 2020
[17] ヴーヴ・クリコ・イエローラベル ブリュット
[18] サッポロ 黒ラベル(+トマトジュース=レッドアイ)
[19] キリン ラガービール
[20] ドン・ペリニヨン(白) 2010
[21] シーバスリーガル・ミズナラ
[22] サッポロ サクラビール(+ジンジャエール=シャンディガフ)
[23] ヴァン・ド・コンスタンス 2016
[24] グレンモーレンジ
[25] グレンファークラス105
[26] レエクスプレッション・ド・マルゴー 2018
[27] サントリー 金麦 春の味
[28] アラン10年
[29] スミノフアイス
[30] ボウモア レジェンド、酔楽天 大吟醸

全部ではないですけど、今年飲んだお酒。お店で他のお客さんから1杯だけご馳走になった、というのは除きました。これだけの種類を飲んでいればまぁ 客観的に「お酒好き」とみなされても良いと思うのですがいかがでしょうか?

以下、印象強かったモノをピックアップして感想です。

[1] 南部美人 純米大吟醸

純米大吟醸なら何でも美味い説はあるにせよ、その中でもこれは非常に良かった。ほんのり甘口と見せかけて後味すっきり。Japanese Sakeだとかライスワインなどと呼ばれ空前の甘口ブームの今、日本酒は辛口が好きというワタクシのような古い人間にも優しい美味しさ。ちなみにこれは岩手のお酒ですが、日本酒といえば新潟といわれた時代が完全に終わってしまった今、ちょっとだけ寂しさを感じるワタクシ@日本海側雪国出身でございます…

[12] あさつゆ 2019

ゲームメーカー、カプコンの創業者・辻本憲三氏が1990年代に立ち上げたワイナリーが「ケンゾーエステイト」で、そこの代表的な白ワインが「あさつゆ」。その辺の白ワインとは一線を画す、圧倒的に爽やかな味わい。例えるなら、口に含んだ瞬間、風が吹き抜ける草原に立っている情景が目に浮かぶような? なおワインに関してはカッコつけてヴィンテージを書いていますが、その違いがわかるほど舌は肥えておりません(笑)

[13] カバラン ポーディアム

世界5大ウイスキーといったらスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、そして日本なわけですが、近年ここに肩を並べたい! 並べるぞ! と鼻息荒いのが、なんと台湾。本来、気温が高いことはウイスキー生産に不利なのですが、それを逆手にとって短い期間で熟成を進ませるという戦略を取っているとかなんとか… 開けた直後は濃厚で甘い香りがフワッと広がり、まさに天国。ただやはり高温熟成の弊害か? そこからの味の変化がかなり大きく、日が経つと酸味が出てスッキリした味わいに変わります。

[20] ドン・ペリニヨン(白) 2010

一番高いお酒オブザイヤー。味はいわゆる「ピンドン」(ドン・ペリニヨン・ロゼ)よりも酸味が抑えられて、そのぶん旨味が感じられて美味しかったです。

[23] ヴァン・ド・コンスタンス 2016

WOWOWで放送していた「The Wine Show」で見て美味しそうだなー、せや! これをクリスマスのお店で飲もう! と決めて注文した南アフリカ産の超絶極甘口デザートワイン。なんでも、セントヘレナ島に幽閉されたナポレオンが大好きで毎日のように飲んでいたとか… 香りは、今まで飲んだ全ての液体の中で最っ高に華やかでテンション爆上げ。強烈なマスカット的な匂いとアルコール分が混ざり合って、嗅いだ瞬間に笑ってしまうほど。味は…… ちょっとまぁ 甘さの限界を超えて、若干の苦みを感じるレベル? 好き嫌いが分かれると思われ。

[26] レエクスプレッション・ド・マルゴー 2018

世界的に有名な5大シャトーのうちのひとつ、マルゴーの名前を持った赤ワイン。マルゴーをお手軽に楽しみたいヒト向けに作られたワイン、なのでしょうたぶん、よくわかりませんが(笑)味わいは僕好みのベリー感が強く、それでいて適度な渋みもあってお肉料理と合いそう。ものすごく濃厚というわけでもないので、ステーキというよりはすき焼きなんかが良いかもしれません。まぁ 僕は料理と一緒に飲むようなお店には行ってませんけどね!

飲み方さえミスらなければ、お酒は良い趣味になると思います。来年もチビチビと、美味しく飲んでいきたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。