空白

FBC GTcat 2021 Rd.6@モンツァにやってきました。前戦スパでの大暴走によりスポンサーを失ったペンギン選手のクルマは真っ白になりました…

そして予選はご覧の有様。スパで2位に1秒差をつけたペンギン選手が6位に1秒差のぶっちぎり最下位… 高速サーキットでありながら超低速のシケインを2つ備えるストップ&ゴーのここで100kgのサクセスウェイトは致命傷でした…

というわけでマトモに走ったらビリ確定のペンギン選手。ここはもう「誰かが事故ってくれるのを待つ作戦」で行くしかありません。もちろん自分は事故を避けるため、1コーナーにはわざと車間を空けて入ります。

すると第2シケインでcara選手がクリスタル選手に追突!

さらに、出口ではtoy選手がハーフスピン!

これでペンギン選手は5番手に浮上。

前ではライオン選手とspoon選手がやり合っています。いいぞーなんならF1のフェルスタッペン&ハミルトンみたいに1コーナーで共倒れとかしちゃってもいいんですよー?

……ん?

あ、やっぱダメだわ。

このストッピングパワーの差! 気付いたときには真横にいました。

toy選手にも追い付かれたので「どうぞどうぞ」。

今日は徹底して争いを避けるペンギン選手です。

にしても遅すぎてスリップ圏内に留まれない… これではチャンスも訪れません。

ほぼ単独走行でした。

優勝は終始安定して速かったEVO選手! モンツァが得意なcara選手を完封して今シリーズ初優勝となりました。オメデトウゴザイマスー。

toy選手がリタイアしたため、ペンギン選手は6位フィニッシュでした。ちょっともう今回は何もできなかったというか… やりようがなかったですね。

気を取り直して次回はインテルラゴスです! 資金がショートしたペンギンレーシングはこのまま沈んでしまうのか……!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。