オタクの休日

久々にお酒で記憶を飛ばしました。

そりゃもともとそんなに強くなかったのに一晩で日本酒の四合瓶を空けてさらにブランデーも飲んでいたらそうなるわ、という感じなのですが。その日本酒をどうやって空けたかが思い出せない。気付いたらなくなっていた。その間何をしていたかも思い出せない。不思議。謎。

で、見事に二日酔い。今年に入って3回目です。ここへきて明らかに酒量が増えている。自分で言うのもなんですが例によってストレスがヤバイ。疲れてる自慢でも何でもなくシンプルに部下(年上)のミスを指摘したりするのは精神的負荷が高い。そのヒトが誰もが認める人格者で気遣い上手で後輩思いな「いいひと」であればなおさら。

美的センスが1ミリもないプレゼン資料を作る後輩もいい加減キツイ… アレを上層部の人間が見たら指導者の僕もセンスないヤツだと思われそうでキツイ… なんなんアイツマジでフォントと文字サイズを揃えないとかイカレすぎでしょ僕が作ったら10分の1の時間で100倍キレイな資料作れるわ… とにかく企業の採用担当の方に言いたいのは、新人はまず見た目重視で採用してほしいということ。デブは真っ先に落としてください。一事が万事。自己管理ができないヤツに仕事はできません…

すいません暗いハナシになりました。

そんなこんなで二日酔い。松井玲奈さんの小説は一旦、後回し。今日は半分布団に入ったまま2年前に録画したきり放置していた小芝風花さん主演のドラマ「トクサツガガガ」を一気観しました。1話45分で全7話。5時間15分。しかしメチャメチャ面白かったので全然長く感じませんでした。

隠れ特撮オタクの主人公と、物語の途中で出会うオタク仲間との友情、すれ違い、葛藤、過去の過ちやらなんやらがあれやこれやで最終的には松下由樹さん演じる主人公の毒親との価値観のぶつかり合いが凄まじいことになって… と、観ていて色んな感情が渦巻く傑作でした。ましてやリラックマを抱いて観ているアラフォーオトコとしてはなんかもう現在進行形のシンクロ率400%。おかげさまで二日酔いなのに素晴らしい休日。

にしても、返す返すも小芝風花さん、お綺麗にお育ちあそばされて(恍惚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。