まゆゆの加護

現実世界ではF1が開幕、日本でもSUPER GTが来週開幕ということで徐々にレースの熱が戻ってきたかなというところでFBCも新シーズンが開幕です。今回は「マツダ100周年記念杯」と題しまして(YTSKさんブリリアントなネーミングです)マツダの新VGT車両「RX-VISION GT3 CONCEPT」を使用してのワンメイクレースです。クルマの見た目と音が素晴らしいので、それだけで俄然やる気になりますね!

というわけで開幕戦の舞台はカタロニアです。新型コロナウイルスの影響で残念ながら無観客での開催となります。え? 観客いるじゃん? 見えるんですか? アナタにも…

あれはまゆゆの亡霊ヲタです。

参加台数はいつもの8+1台から「+1」のG選手が欠場、さらにcara選手の引退により2台減ってしまい7台でした。予選は計測3周目にパープルセクターを繋げていたペンギン選手でしたが運悪く前のクルマのスピンに巻き込まれてしまい3番手スタート。ポールポジションは練習走行から好調そうなライオン選手。フロントローの隣には前回チャンピオンのEVO選手が並びました。

決勝は11周。ほぼ無給油でも行ける気がしなくもないですが、当然タイヤもキツくなりますし1ストップがセオリーですね! 常識的に考えて!

スタートは無難に決めたペンギン選手。いわゆる「GTスリップ」の恩恵もあって前を行くライオン選手、EVO選手にはそれほど苦も無く付いて行けます。この状態でまずは様子見…

すると3~4周目、EVO選手のタイヤが早くも怪しくなります。テスト段階から一発は出るもののバランスガーと言っていた通り、リアタイヤから減って行くドリドリマシンになっています。ほぼ全てのコーナーでスリップアングルが付いています!

ペンギン選手の「渡辺麻友トリビュートRX-VISION GT3~あなたのハートをいただきまゆゆ~」号は我ながらさすが! 「しりり」と呼ばれた理想の安産型体型、渡辺麻友さんの如くどっしりと安定したリアエンド。中高速コーナーでの速度、安定性は抜群です。

と? ここでEVO選手の無線です。

「Penguin is faster than you. You know what I mean?」
「……Copy.」

なんとここでTeam PleXusが意図的に順位を入れ替え! ちなみにEVO選手、48ヲタだった時代の初期は渡辺麻友さんがかなりのお気に入りだったとの未確認情報があります!

「発射」されたペンギン選手、ライオン選手と僅差のまま5周目終わりに同時ピットイン!

迅速なタイヤ交換と、給油量はギリギリまで絞りました! これは速い!!

ピット作業で逆転しました!!

ここから逃げたいペンギン選手。ライオン選手にはEVO選手がプレッシャーをかけていますのでその隙にスパートをかけたいところ。しかし目の前にはステイホームならぬステイアウトしていたYTSK選手が立ちはだかります。カタロニアサーキットの第3セクターは追い抜き不可能区間なので一気に差が縮まってしまいました…

ピットロード手前のシケインでYTSK選手がミスってコースアウト。真後ろにいたペンギン選手、ピットに入りたいんだろうな… とは思いましたが! 申し訳ありませんがこちらもワケあって先を急ぎますのでインから抜かせていただきまゆゆ!!

ペンギン選手はギリギリ避けられましたがライオン選手、EVO選手はぶつかってしまった模様。まあこれはレーシングアクシデントということで……

そこからは中高速コーナーがぶっちぎりに速いペンギン選手がセクター1、2で逃げ、低速コーナーしかないセクター3でライオン選手が差を詰めるという展開がしばらく続きました。まゆゆ号(長いので略した)はタイヤの保ちも良好なので、大きなミスさえなければこのままイケそう。

でも……

なんかいる

んだよなぁ(苦笑)

ノーピットのクリスタル選手が先頭でファイナルラップ!!

タイヤも終わっていてペース的には虫の息ですが、コトによってはアレだぞと。追い抜き不可能なセクター3に入るまでには仕留めたいペンギン選手。にしても「今回も」クリスタル選手のクルマはストレートがバカッ速ですわマジで。コーナーは遅いですけど(笑)同じクルマを使ってるのにヒトによってここまで違うなんて、やっぱりセッティング有のレースは最高ですね!

すぐに追い付いてビタビタに。1つのコーナーでコンマ数秒差があるので後ろに付いていたらライオン選手もあっという間に近付いてきました。

面倒なことになりやがったぜ…

ここはペンギン選手が一番得意なバックストレート前の高速右コーナーでイキオイを付けて直線の間でスマートに抜くのが… ってそんなインベタのラインで行ったらボトムスピードメチャメチャ下がっちゃうじゃないですかクリスタル選手!?

ペンギン選手、アクセルを踏めずに痛恨の失速!

よーいドンでは直線番長に敵うワケなし。万事休すか!?

後ろからはライオン選手が迫ってくる!

…あああっとおおお!!!?

ライオン選手がブレーキングでミス!!

まさかの追突でクリスタル選手が飛んで行き、まさかまさかでペンギン選手の目の前にビクトリーロードが開けました!!

せーのっ!

いただきまゆゆ~!!

ペンギン選手、先頭!!

優 勝 !

クルマは非常にペンギン選手好みに仕上がっていて何の不満もありませんが如何せん、直線が遅いので抜けないという弱点がある中での勝利。かなりラッキーもありましたし、そもそも序盤でEVO選手が譲ってくれなければフツーにライオン選手が余裕のポールトゥウィンだったと思われ… ありがたやありがたや……

まさに「まゆゆの加護」様様です!!

次回はインテルラゴス。ペンギン選手は100kgハンデを背負うので気楽にいきます。今回のように前でゴチャゴチャっとしてくれたら何かが起こるかもしれませんけど(笑)

せーのっ!

がんばりまゆゆ~!!

まゆゆの加護」への2件のフィードバック

  1. F1が無料放送で見れなくなって久しく、それに伴いもうどうなってるかサッパリわからない状況です。
    有料で見るってことはしないので、それについては自分の問題ではあるものの、普通に触れてきたものがそうでなくなったのは悲しい。
    他のスポーツとかもそうですけど、完全有料放送化にしていることで短期的にはそのスポーツを守れる(お金を落とせる)でしょうが、長い目で見れば人気そのものがなくなって先細りの一途になっていく中、どういう戦略を考えてるんでしょうかね。

    >ヒカルモノタチ
    名曲。
    今でもたまに聴いてます。

    >まゆゆの加護
    正統派アイドルとその真逆のお手本が一つの言葉に同居するワード(笑)
    後者はプライベートでもクソっぷり街道を走ってますが、まゆゆは一般人として正統派の幸せを掴んで欲しいもの。

    コロナでオンラインゲームが更に市民権を獲得してますが、質の高いチームで楽しめるのは長年やっている資産ですね。

  2. >とっちさん
    本場ヨーロッパでもF1の有料放送化が進んでいて、ホントどうするんでしょうね・・・
    スポーツに限らず全てのコンテンツが有料化する一方で、おっしゃるように短期的には良いかもしれませんけど長い目で見たら? ですし、低所得層が一流のモノに触れる機会が減るのは世の中全体的に非常ーーーにマズイことだと思います。

    なお今年のF1は相変わらずメルセデス(ハミ)が速いです。ただそれ以上にフェラーリが近年稀に見る超絶ウルトラ失敗作マシンを作ったことが衝撃です。まだ1つのコースでしか走ってませんけど、予選10位に入るのがやっとっていう・・・

    > ヒカルモノタチ
    とっちさんからの紹介でしたよね。名曲ですわあ。引退します! といって数年後にしれっと戻って来られるのが個人的に好きじゃないので、僕としてもこのまま一般人として幸せになってほしいです。

    > 長年
    ホントですなー。会社とかリアルのヒトと話してても、僕と同じレベルでゲームを楽しめているヒトはまずもっていないと断言できますわ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。