黒旗モノ

FBC GTcat 2020 Rd.3@インテルラゴス。

レース前、いつもは和やかな空気が流れるパドックに緊張が走ります。なんと、シリーズ戦の主催者でもあるクリスタル選手のねこレーシングがチーフエンジニアを電撃解雇。なんでも、あの温厚なクリスタル選手が「こんな(ピー)クルマ乗ってられねえよ!!」とブチ切れたとか… 実際にそのエンジニアが作ったセットからデフォルトに戻したところ乗りやすくなってタイムも上がった模様。なんか切ない…

さて、レース本編の方にハナシを戻しますと、Rd.2@ラグナセカの4位でウェイトハンデをキレイサッパリ降ろしたペンギン選手は今後のシリーズを考えると最低限でも表彰台には乗っておきたい、できれば勝ちたい1戦です。が、しかし。予選ではアタックラップの最終コーナーで自分でも信じられないような凡ミススピン。なんとか1周は計測できたものの、終わったタイヤでは4位が精一杯でした。EVO選手、cara選手、G選手の強豪3台が100kgのハンデを背負っているので、フツーに走れば2位は獲れたのにもったいない。なおそのcara選手は戦略的欠場。ポールポジションは大方の予想通りライオン選手。

決勝は15周。

1周目、ウェイトハンデを背負いながら脅威の走りでフロントロースタートだったG選手をクリスタル選手がパス。ペンギン選手も相乗りします。

哀れG選手。重いとやっぱり、混戦に弱いんすよなあ。

燃費セーブしつつ、このまましばらく前に付いて行きます。

と、クリスタル選手いったあ!!

明らかにクルマの改善がみられる、ねこレーシング。ブレーキングポイントが恐ろしく奥になっております! しかしここはライオン選手が応戦して抜け切らない!

前2台が横並びになったことで空いたスペースに滑り込むJR東海・松井玲奈・レクサスRC F。ほんの少しだけ勢い余って左リアがスタジオジブリ・コルベットの右フロントに接触。わざとじゃないよーめんごめんごめんゴリラー(笑)

???「チッ…」

ん? 今なんか聞こえた??

ペンギン選手2番手浮上。

もうすぐピットインのタイミング。にしても今回のクリスタル選手は驚速。前には出たもののペンギン選手は煽られまくり… 完全にオラオラです!!

先頭のライオン選手はタイヤが厳しそう。6周目の最終コーナー(実質ストレート)でペンギン選手が並びかけます。

一方、後ろから忍び寄る黄色い影……

なっ!?

鬼ブレーキングであっという間に置き去りに。前を抜こうとしていたはずのペンギン選手、抵抗する間もなくクリスタル選手に抜き去られました。

クリスタル選手、返す刀でライオン選手もオーバーテイクして先頭に。というか解雇されたエンジニアどんだけ無能だったんだ(苦笑)前戦までとはまるで別のクルマです。

そのままの並びでピットイン。

で、ピットアウトしてみたらこの状況。どやっ! これがJR東海・松井玲奈・レクサスRC Fの燃費性能やで! 給油時間が全然違う! ってことですが、さすがに差がありすぎるってんで疑惑の目が向けられまくっているペンギン選手。BoP委員長によると、次の次くらいには修正が入るっぽいです。

今回は2台の前に出るため、特に無理してギリギリの給油量にしました。何も考えず走ったら余裕で1周分は足りないレベルですが(笑)そうだとしても前に出て逃げ切るのがペンギン選手の勝ちパターンです!

と思ったら一瞬で追い付かれました(ちーん)

インテルラゴスに2ヶ所しかない中速~高速コーナーではなんとなくペンギン選手の方が速い。少しだけ差が開いたところでスパートをかけて逃げようとするも…

低速コーナーでは入口、出口とも圧倒的な速さのスタジオジブリ・コルベット。いとも簡単に差を詰めて、これでもかってほどにオラオラです!! どうせ接戦になるなら、ちゃんと給油しておいた方が良かったんじゃね? と今さら思っても後の祭り。

ストレートでは常にイン側ギリギリを走る鬼ブロックラインのペンギン選手。

この距離ならさすがに飛び込んでこないだr……

???「オラァァァアッ!!!」

ファッ!!?

隙を見せたペンギン選手に襲い掛かるクリスタル選手。

私は「勝ち」にはこだわってないというか、無欲なので。あくまで「ゲーム」としてやってる感じですね。そう考えるとeスポーツとスポーツ… いやスポーツとゲームの境界線は「そこ」にあると思います。

eスポーツについて語るクリスタル選手 / Twitter

勝ちにこだわってない選手は、そこには入ってこねえ!!

レースゲームを好きになる条件は「クルマが好きなこと」「レースが好きなこと」あとは「相当な負けず嫌いであること」ですね。負けず嫌いじゃなくて続けられるヒトがいたら会ってみたいかって? いいえ、やめときます。絶対に気が合わないでしょうから(笑)

レースゲームについて語るペンギン選手

弾き出しそうになって、反対に弾き出されるペンギン選手。

バランスを崩したまま戻ってきて…

ドガシャーン!!

m(_ _)m

後味は悪いけど、とりあえず走り切らねば。気付けばガソリンが残り少ない… クリスタル選手とのバトル(当たる前から)で予定よりかなり使ってしまった模様。それもあってファイナルラップでライオン選手にかなり詰められましたけど、なんとか実質最終コーナーを曲がり切り、あとはゴールするだけ……

あっ…

優勝はライオン選手!!

予選一発をキレイに決めてポールポジションを獲得。決勝では燃費で不利な中、無理せずできることを確実にこなした結果だと思います。おめでとうございます!

ペンギン選手は暴れに暴れて最後はガス欠。過去を振り返ってもかなり最悪の部類に入るレースとなってしまいました。まずはコース外まで弾き飛ばしてしまったクリスタル選手にお詫びを申し上げたいと思います。今回はクリスタル選手のレースでした。本当に申し訳なかったです。

次回はスペイン、カタロニア! 75kgのウェイトハンデもさることながら、最終セクターの超低速セクションはペンギン選手&JR東海・松井玲奈・レクサスRC Fにとって鬼門になるかも? というかそれ以前に、まずはフツーに走り切ることが必要ですが…

…フラグ発言になりませんように(汗)

黒旗モノ」への2件のフィードバック

  1. A「3位おめでとうございます。このレースウィークはいろいろあったようですが」

    「まずレースでアクシデントがあったが、自分もプッシュし過ぎて混乱を招いてしまい申し訳なかった。共倒れにならなかった事が幸いだった。
    チーム内の話題が出ているみたいだけど、詳しいことは僕からは言わないでおくよ。とにかくこの週末に向けてマシン調整はポジティブだったし、ロングランの感触も良かった。アクシデントはあったが、久々のシャンパンファイトは楽しかったよ!まだ前半戦だからね、これからチームみんなで巻き返していくよ」

    A「一部過去の発言とやってることが違うと指摘がありますが」

    「僕はネコだからね!普段ゴロゴロだしあまり勝利にこだわりはない、それは言った通りだと思うよ。でもね、目の前に獲物があると本能というか反射的にスイッチが入るんだろうね、ウズウズするというか大人しくしてられないというか。。。無欲な考えだけど実は貪欲な体ってことかな? 笑 ネコって難しいね!あ、昨日は2/22でネコの・・・」

    A「ありがとうございました」

  2. >クリスタル選手
    ―――接触に関して?
    まさかあの距離でダイブしてくるとは思わなかったからね。それでちょっとアツくなったところはあったけど…… 彼は止まれていたから、僕の見込みが甘かったということかな。ランオフエリアから戻ってきたときは… 彼の方は全く見えていなかったよ。申し訳なく思う。

    ―――徹底して燃費レースを仕掛けることに批判もありますが?
    これはFBC… エコレースだよね? これだけ燃費とタイヤに厳しいレースは滅多にない。ルールの中で許されていることをしているまでさ。サッカーで勝っているチームが時間稼ぎするのとどっちが紳士的と言えるだろう? まぁ 今日に関しては、もう少し給油すべきだったと言わざるを得ないね。でも、警告が出たのは最終コーナーを回り切った後だった。

    ―――レクサスの車両に疑いの目が?
    彼らが何を言っているのかわからないよ。車検は通っているからね。それが全てじゃないかな? なにもやましいことなんてない。

    ―――燃費性能の見直しが入るようです。
    歓迎はできないけどね。決まったことには従うよ。

    ―――ありがとうございました。
    ありがとう(終始険しい表情のペンギン選手)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。