白黒

元NGT山口真帆と犯人グループの関係 音声データで判明か

●元NGT48の山口真帆に対する暴行事件について文春オンラインが報じた
●運営会社「AKS」の社長は、もともと山口と犯人がつながっていたと主張
●客観的証拠となる「公園での音声データ」の内容が文字に起こされている

文春オンライン / ライブドアニュース

ファンのことをフツーに「オタク」って言うんですね。

僕は常日頃から「真実はイチかゼロかではなくその間のどこかにある」と考えていますから、はじめから山口さんの言っていること全てが「客観的な真実」ではないんだろうな~なんて漠然と思ってはいましたが、もしかしたら当初予想したよりも…… という感じなのかもしれません。

少なくとも、復帰して最初の大きな仕事がベッドの上でドエロい下着姿になるようなキワドイ写真集と知ったときは驚きよりむしろ呆れに近い感情が湧いて来ました。事件が起きた当初、まとめサイト等で噂されていたようなことは全くなかったということでしょう。

にしても「オタク」ですか。

確かにそう自称することもありますし、例えば僕なんかは端から見れば「ゲームオタク」「アイドルオタク」「要するにオタク」みたいな感じでしょうけど、まさにその好きな相手から「オタク」呼ばわりされたらさすがに良い気はしません。実際、麻衣ちゃんやPerfumeや松井玲奈さんが(冗談レベルは除いて)ファンのことをそう呼ぶ姿は想像できません。

事件直後の興奮状態とはいえ「お里が知れる」言葉遣いといい、なにかこう全体的な違和感というかコレじゃない感というか。確かに地方のアイドルグループのメンバーとしては勿体なかったくらいスゴく綺麗なヒトですし事件の被害者として可哀相だとは思いますけど、それ以上の応援していきたい感、推し要素は感じられず。というわけで山口真帆さんに関する記事は今回を以てお終いにしようと思います。

自分の中でのケジメというか、白黒つけさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。