必要条件

うーんこの「俺たち」。

というわけで開幕直後の「全勝もあんじゃねこれ?」という状態から、予選では変わらず圧倒的な速さを見せるものの肝心の決勝レースで自滅に次ぐ自滅。やっぱりフェラーリはフェラーリなんだなあと言わざるを得ない体たらくでございまして。どうしてこうなるのか……

これでレッドブル「実質ホンダ」はイモラ→マイアミ→スペイン→モナコ→アゼルバイジャンと5連勝。こちらも信頼性の問題は抱えているようですが、フェラーリに比べればそこまで致命的なものはないようで? なんかもう、昨年までのメルセデス的な圧倒的王者感が出てきちゃってます。今季の流行語である「ポーポシング」が全車の中で一番小さいところといい、どう見ても余裕、伸びしろがあるのがレッドブルなんですよねぇ

奇しくも今日はル・マン24時間レースでトヨタが5連覇を達成しましたが、今のフェラーリはWEC参戦直後のトヨタと被ります。あの頃のトヨタって、当時の王者アウディに比べて純粋なスピードでは負けてなかったんですけど、それ以外が全然足りてなかった。世界最高峰のレースを戦う上では速さだけではダメなんだなあと思い知らされたあの頃… まさか、そこから10年経ってこの名門中の名門、フェラーリを見て同じことを思うとは。

シーズンを盛り上げる意味でフェラーリの奮起を期待したい、ホンダ好きのペンギンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。