至宝

【菊花賞結果】コントレイルが史上3頭目の無敗3冠達成! 父ディープとの父子3冠!

【秋華賞結果】デアリングタクトが史上初の無敗牝馬3冠達成!

この2頭の強さに疑いはない… ないのですけれども、やっぱりコロナ影響はけっこうあったよなぁ と思わざるを得ない、ひねくれ者のワタクシ。デアリングタクトはパドックで明らかにイレ込んでましたし、コントレイルもレース中、思いっ切り掛かっていました。

もし、デアリングタクトが何万人もの手拍子で大盛り上がりのスタート地点でゲート入りをしていたら? もし、コントレイルが大歓声に包まれた1周目のゴール前を通っていたら? 果たして普通にスタートを切れていたのか? 果たしてあの位置のまま我慢できたのか? まぁ 考えても意味のないことではありますが…

きちんとした統計を取れば、もしかしたら何の影響もないことがわかるかもしれません。でも、イメージ的にはコロナ禍での「静かな競馬」は強い馬がより強さを発揮しやすい、波乱が起きにくい条件という感じがします。なにせ、馬というのは憶病な動物。視野はものすごく広いし耳もとても良い。だから人間なら何とも思わないようなことに怖がったり動揺したり… 走っている最中に自分の影が気になって集中できないヤツがいるくらいですから。

やっぱり、日本の競馬はファンあってのもの。とりわけ庶民の娯楽として(賛否はあれど)ものすごく大人数のヒトたちが必要以上にお祭り騒ぎをするのが「様式美」なわけで。現地にいるファンが毎週末の競馬場を特別な場所にしているわけで。あのファンこそ他国の競馬ではなかなか真似できない、日本競馬の宝です。

願わくば来年以降、超満員のファンの、大歓声の中を駆け抜けるデアリングタクトとコントレイルが見れますように……

至宝」への4件のフィードバック

  1. 2頭同時の偉業なんて今年はすごい年なんですけど、コロナのせいでお祭り感が少ないのがちょい残念。
    でも確かにコロナの影響はそこそこにあるかもですね。
    3歳で一旦達成することはしてもらったし、こっから超伝説のホースになってもらいたいところ。
    とりあえずどっちかは日本競馬界念願のあれを取ってもらいたいですね。

  2. >とっちさん
    空前にして本当に絶後かもしれませんが、確かにお祭り感なさすぎですよね。

    あとはなんとなく2頭とも「微妙に地味」ってのもあったり?
    ディープインパクトやオルフェーヴルのようなスター性はないですね(笑)

    僕的には、凱旋門賞に関してはデアリングタクトの方が向いているかなと思います。牝馬が強いレースというのと、コントレイルは血統が全体的にアメリカ系の「軽い」感じなので…

  3. 今年のジャパンカップこそ空前絶後ですよね。
    いやぁ、こんなすごい馬が揃うこともうないですよね。
    ただ3頭以外も含めどんなドラマがあるかワクワクですわ。

  4. >とっちさん
    すごいメンバーですね 🙂
    とはいえ競馬に絶対はないので「まさか」ということも・・・

    とりあえず、硬すぎず軟らかすぎず、良い馬場状態になることを祈ります 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。