増幅する憎悪

↑の元画像はこちら。

この期に及んでまだ「自粛はダメだ!」「経済が終わる!」と言うつもりはありません。後者は事実としてあるかもしれませんけど。正確に言うと単純な不況ではなく、世界中が危機的状況になったことで本当に必要な企業/人材とそうでない企業/人材がハッキリして、社会において必要でない企業/人材の倒産/失業が大爆発すると。仮にそこそこ優秀な人材であっても、そのうちの何割かは泥舟企業と一緒に沈むことになると。

とにかく、僕の認識が間違っていました。申し訳ありませんでした。

僕は、危機感のなさには定評があります。

某麻衣友T氏と会うとよく「危機感がない」と言われていました。確かに自覚はあります。そんな僕でさえ、さすがにもう「ウチの会社、ヤバイかもしれない」と思ってます。それに加えて、ついに見つけたお気に入りのお店も潰れるかもしれません。昼と夜、2つの居場所を同時に失うリスクがあります。

今、会社に行けばほとんど毎日誰かしらに「ありがとう」と言われます。「ペンギンさんがいてくれて良かった」と(少なくとも表面上は)言われます。研修でMVPに選ばれたことだってあります(ただの自慢です)。周囲の期待に応えなければいけないプレッシャーがありますし、上層部の人間の圧力下に晒されればストレスも溜まります。

でも、そういうときに行けるお店があります。お店では自分が選んで取り寄せてもらったお酒を飲むことができます。そのお酒は常連さん向けのサービス価格でちょっとだけ安く飲むことができます(メニュー表に載っているお酒の市場価格くらいは知っています)。好きなお酒を飲みながらタイプの女性と他愛もない会話をして、日頃の精神的な疲れを癒すことができます。

わかるんですよね。居場所を失いたくないから出掛けちゃうって。名前も顔も知らないどこぞのジイサンバアサンが亡くなろうと自分には関係ない。それよりも目の前の「このヒトたち」と今、一緒にがんばらなきゃいけない。今、「このヒトたち」を救いたい、恩返ししたい。そう思う気持ちを否定することは、僕にはできません。そういう意味では、家族を守るためにマスクやトイレットペーパーを買い占める母親たちの行いも全否定はできません。

こういった、人間なら誰しもが当たり前に持つ「人情」や「弱み」を徹底的に突いてくる新型コロナウイルスは本当に良くできた人類破壊兵器だなと、改めて感心します。感染率と発症率、致死率のバランスも絶妙で、まるでピンポイントに調整して創られたかのようです。結果的に、ヒトとヒトとを物理的にも、精神的にも分断する。このウイルスの本当に恐ろしいところはそういうところではないでしょうか。

憎いですね。心底憎い。

僕らの世界を返してほしい。

増幅する憎悪」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    つい先日に今の状況から見ればトンデモな楽観記事を書かれていたので良かったです。
    ホリエ○ンみたく謝ること無く悪態をつきながらバックギアを踏む人間も居ますし コロナで色んな人間性が見えますね。

    それにしても イチモツの手術とその後の苦難や池袋でぼったくられ、、、などなどの受難を経て
    ようやく見つけた安息の地(?)のスナックが危機になるとは試練は続きますね。

    そういえば大晦日にも出てる総合格闘家のYouTuber朝倉未来という人が
    「ぼったくりバーに一人で潜入したらあり得ない金額を請求されて口論になった」
    というユーチューブ動画を上げてますが普通でない切り抜けかたをしてるので、真似は出来ないかもですが参考にと。 では長文失礼しました(_ _)

  2. >あいどくしゃさん
    良かったですとか言われても困るんですがまぁ すいませんでしたってことで。

    とはいえ僕としてはまだコロナより人間の方が怖いですけどね。
    なにせ楽観主義者ですし、そのおかげでいつも元気で明るく生きてると思ってるので。

    一番ムカつくのは、さして深く考えず自分の意見も持たず、ただただ世論とメディアに流されて買い占めやら夜の街バッシングやらしてる(ピー)どもです。ああいう(ピー)は本当に今までどうやって生きてきたんだ?と疑問で仕方ありません。

    ぼったくり店には二度と行きたくないですし動画も見たくないですが、急性アル中になったわけでもクスリを盛られたわけでもないってのは、その店はぼったくり店としてはユルい方ではないでしょうか。

  3. おぉ、ナルミヤの人、再びだ!
    だいぶコアな愛読者さんですね(笑)

  4. >とっちさん
    ナルミヤさんって今どうしてるんですかねえ(あえて調べず)

    訪れる頻度は別として
    コア度ではとっちさんが1位かと(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。